心斎橋セントラル歯科

MEDICAL

顕微鏡治療

MICROSCOPIC DENTISTRY

顕微鏡歯科とは、手術用顕微鏡を使用する歯科治療のことです。
もともと、お口の中というのは狭くて暗い臓器ですので、
その中で小さなむし歯を削ったり、歯肉を切開したりすることは、かなり繊細な作業です。
今日の歯科治療では、MIの概念から、できるだけ低侵襲かつ無駄のない切削・切開が求められますので、
治療精度の向上のためには顕微鏡を使用した拡大視野での治療が必須となってきています。
当院では、正確な診断と、最小限の侵襲、確実な病巣・汚染の除去、丁寧な歯の切削等を行うために、
高倍率のマイクロスコープやサージカルルーペを導入し、日常的に使用しています。