心斎橋セントラル歯科

MEDICAL

予防歯科

PREVENTIVE DENTISTRY

歯が抜けてしまう原因はさまざまですが、特に多いのはむし歯と歯周病です。
これらの病気は細菌感染によって起こることがわかっているため、予防することが可能です。
しかし、日本では未だにむし歯や歯周病で歯を失う方が絶えず、
平均して80歳の時点でわずか8本程度しか歯が残っていないのが現状です。
一方、歯の定期健診が一般的に行われ予防の意識も高い欧米では、80歳を超えても平均20本以上の歯が残っているのです。
80歳で20本の歯を残すためには日々のお手入れと定期的なメインテナンスが非常に重要です。
お口の中の健康を保ち、むし歯や歯周病を予防するために、定期的に歯のメインテナンスに通院してもらうシステムが予防歯科です。
当院では私達お口の専門家が患者様のむし歯・歯周病のリスクを判断し、それぞれに合ったプロフェッショナルケアを行います。
3ヵ月~6ヵ月おきのケアによって、むし歯・歯周病の早期発見治療ができますので、生涯にわたってご自身の歯を残すことができます。

虫歯・歯周病予防例